音楽療法ブログmusic

音色に惚れる

数年前に、音楽療法の研修会で出会った「サウンドロール・テラ」という楽器。

「テラ」は、ラテン語で「地球」という意味だそう。

 

音楽療法の研修会場には、楽器屋さんや本屋さんが、楽器や書籍、楽譜なんかを販売しているブースがあるんです。
休憩時間に見てまわって、気に入ったものがあれば買う、みたいな。

 

 

数年前の研修会場に来ていたある楽器屋さんで、何気なく手にとったのが、テラさん。

 

 

わたしはこのテラさんに、人生で初めて「一目惚れ」ならぬ、「一聴き惚れ」をしてしまったのです!

 

 

 

 

決して安くない値段でしたが、これを買わなければ絶対後悔する!と確信し、即購入。

 

 

 

 

私の耳に狂いはなかった・・・

 

 

 

 

そう思わせてくれたのが、この日のMさん。

 

 

 

 

どこへ行っても、「いい音ね」と言ってもらえるテラさんなのですが、見た目はいたってシンプル。
太鼓みたいに、鳴らすのが楽しいってタイプの楽器でもない。

 

 

 

これまでのMさんは、どちらかというと、「聴く」より、「見て」「触って」「鳴らして」楽しむタイプの楽器を好まれる方でした。

 

 

 

 

 

 

 

それが、この日、

 

 

 

 

 

 

 

 

そっとMさんの耳元に、テラさんを近づけて鳴らしてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま1分以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろいいかな・・・と思ってMさんの耳元から離すと、また耳を近づけてきて。

 

 

 

 

 

 

目がトロ~ンとしてきて・・・

 

 

 

 

 

 

なんとも・・・

 

 

 

 

 

 

なんともいえない表情・・・。

 

 

 

 

 

 

こんなMさん、初めて見たかも。

 

 

 

 

 

 

「聴く」楽器がこんなにもハマるなんて。

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、あの日の、研修会場でのわたしと同じ感覚を、Mさんも感じたのかもしれない。

 

 

 

 

 

音でつながれたと感じた、この日のはみんぐ。

pagetop