障害者支援施設 みつみ学苑

みつみ学苑について - 障害者支援施設 みつみ学苑

みつみ学苑についてABOUT

施設長ご挨拶GREETING

基本理念は
『共に生きる』

社会福祉法人みつみ福祉会みつみ学苑は、1964年9月、定員35名で開設した歴史ある障害者入所支援施設です。丹波市山南町岩屋 田園風景が豊かで自然環境に恵まれ、何より地域の皆さんの見守りやボランティアの方々に支えられながら、民間社会福祉施設県下第一号として設立されました。県下の広域にわたり知的障害者福祉推進の先駆的な役割を果たしてきました。

『共に生きる』とは老人・障害・保育と社会福祉法人が、地域社会と共に、生きがいが持てる社会ならびに幸せが実感できる社会を実現するために、みつみ福祉会に関係するすべての人・組織(団体)・自然等と共に生きることを目指すことです。

地域移行が叫ばれる中、住み慣れた地域で生活されることが一番ですが、入所施設も必要とされています。障害をもった方たちがその人らしい生活をしていただく為に私たちは支援致します。

社会福祉法人みつみ福祉会
障害者支援施設 みつみ学苑
施設長 田野 基宏(でんの もとひろ)

みつみ学苑 概要PROFILE

施設名 障害者支援施設 みつみ学苑
所在地 〒669-3141 兵庫県丹波市山南町岩屋2004
連絡先 Tel.0795-77-0094 / Fax.0795-77-1981
施設定員 入所支援:80名
生活介護:90名
短期入所:5名
就労継続支援B型:20名
自立訓練(生活訓練):6名(休止中)
敷地面積 80,489㎡
建物構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨2階建て
建物面積 1階:1,184.08㎡
2階:2,479.45㎡
計 :3,663.53㎡
作業棟:129.84㎡
地域交流ホーム:381.95㎡
居室の状況 2人部屋48室 / 個室9部屋(短期入所5室)

みつみ学苑 沿革HISTORY

昭和39年9月 三美学苑開設 定員35名
昭和40年12月 苑舎第二期増設工事 定員60名
昭和44年10月 苑舎第三期増設工事 定員80名
昭和45年12月 苑舎第四期増設工事 定員100名
平成7年・8年度 苑舎全面改築工事(国・県補助)
平成9年4月 竣工
平成10年4月 作業棟完成(中央競馬馬主財団・阪神馬主協会補助)
平成11年4月 地域交流ホーム竣工(日本自転車振興会補助)
平成12年4月 通所部開設定員7名(平成15年4月定員10名):平成21年10月新体系移行に伴い閉所
平成17年7月 名称変更「三美福祉団」から「みつみ福祉会」へ変更
平成19年4月 「三美学苑」から「みつみ学苑」へ変更
平成21年10月 定員100名から80名に変更(入所支援)
新体系移行:新事業スタート(入所支援・生活介護・就労継続支援B型・自立訓練)
平成26年9月 開設50年
平成29年11月 大規模改修工事開始(5カ年計画)
pagetop