音楽療法ブログmusic

相棒へのラブレター

新しい楽器がやってきました!
何度でも心躍る瞬間っ♪

 

以前にもご紹介したこの楽器、デスクベル。

これまで、「ドレミファソラシド」の8音しかなかったのですが・・・

 

ドド~ン!

もっと高い音や低い音があれば、出来ることが増えるよね!
ってことで、こんなに仲間が増えました!!

やりたいことも、もう考えてるんです~♪

 

 

こちらもニューフェイス!シンセサイザー!

待ってましたよ~KORGちゃん♪
音色や機能の豊富さが魅力。

 

 

ただ、豊富すぎて・・・

使いこなせる自信が・・・ない(笑)

 

 

これまで使っていた電子ピアノの後を継いで、音楽療法活動全般で活躍してくれる予定です。

 

今回引退するのが、平成26年にやってきた、この電子ピアノ。

CASIOちゃん。

約7年間、頑張ってくれました。

 

車に積むときにゴツンとぶつけても、テンションあがった利用者さんやわたしがバンバン叩きながら弾いても、文句も言わず、毎日、毎日、明るい音色を奏で続けてくれました。

暑い日も、寒い日も、雨の日も。
みつみ学苑での音楽活動も、みつみ以外での活動も。

どこへ行くにも一緒でした。

 

私の喜びや苦悩をすべて見てきた、唯一の存在かもしれません。

そして、私の手汗と、利用者さんとの数えきれない思い出がいっっっぱい詰まっています。

 

 

 

でも、ついに終わりの日がきたようで。

 

 

 

今年1月ごろから、時々、演奏中に音が途切れるようになりました。

 

 

最初は時々、でした。
ある日突然鳴らなくなった!なんてことはなくって、
「ほら、そろそろよ。次の準備しときなよ。」と教えてくれるかのように、時々。

 

優しいでしょ?

 

 

その回数がすこーしずつ多くなって。

 

 

跡継ぎのKORGちゃんが届くのを見届けるかのように、

 

 

4月の中ごろ、まったく、鳴らなくなりました。

 

 

 

 

 

 

電子ピアノなんて、ただの電子機器。

壊れたら終わり。当たり前です。

 

 

でも、毎日毎日触れていると、そうじゃないんだな。

愛着っていうんですかね。

 

 

 

 

いや、そんな言葉じゃ足りないな。

 

 

 

 

 

こんな笑顔を生み出してくれたのも、

 

 

こんな素敵な瞬間に出会えたのも、

 

 

あなたがいてくれたおかげ。

 

 

音楽でつながりたいという、私の思いを支え続けてくれた、大事な大事な「相棒」です。

 

 

心からの「ありがとう」を伝えて、ケースにしまいました。

 

 

すぐに処分する気にはなれず、倉庫に眠っています。

 

 

もうしばらく、そこで見守っててね。

 

 

KORGちゃんのハイテクさにギブアップして、修理したあなたに出戻りする可能性、

あるからさ。

pagetop