音楽療法ブログmusic

歩きながら楽器は演奏できるのか

前回に引き続き、ちんどん屋計画について。

いろんな準備が整ったので、いよいよ練習です。

まずは楽器選びから。

 

わたしがピアニカで曲担当、みなさんは、手持ち楽器でリズム担当。
ちんどん屋っぽい音色にするために、楽器の種類は、音の立ち上がりがはっきりしたものや余韻が少ないもの、ある程度高音の楽器を選別しました。

ここ、わたしのこだわりどころです。
(たまには、音楽療法士らしいところもお伝えしておかねば)

あと、歩きながら演奏するので、持ちやすいことも大事ですよね~。


これはカウベルという楽器。
牛(カウ)の首に付けるベルを模したもので、高音で明る~い音色です。
よくドラムセットにくっついてます。スティックでたたきます。

あ、衣装とかかつらが気になるかと思うんですが、楽器を見てくださいね。

 

 


これは、アゴゴベル。アゴゴはポルトガル語です。
金属楽器で、小さい方が高音、大きい方が低音。スティックで交互に叩くと、たちまちサンバのリズム♪

もう一回言いますけど、楽器を見てくださいね。

 


これはどじょうすくいのざる・・・ ではなく。
フレームドラムという楽器です。

軽くて演奏しやすくて、いろんなサイズがあります。

 

ほかにも団扇太鼓、ドレミパイプ、ジェンベなど30種くらいのなかから選んでいただいてます。

楽器を手にとるときのみなさんの表情、ほんといいっ♪

 

さて、問題は・・・

「歩きながら楽器を演奏できるのか」

なのです。

 

これがまあ難しい!

 

曲を聞く。
それに合わせて楽器を鳴らす。
でも手元ばかりは見ていられない。
前を見て。歩かなきゃ。

歩くことに気を取られてたら、今度は手が止まってたりして。

 

見てるぶんにはどうってことないことも、やっている本人は、これだけのことを同時にこなしてるんですよね~。

 

 

 

ではでは!

私がピアニカを吹きながら先頭を行くので、みなさんついてきてくださいね~!
とお伝えし、行進スタート!

 

ピアニカで「蒲田行進曲」を演奏しながら、歩きはじめるわたし。

 

うんうん、しっかりみなさんの楽器の音が聞こえてくるぞ。
いいぞいいぞ。

 

 

さて、みなさんついてきてくれてるかしら?

 

 

ドキドキしながら振り返る。

 

 

 

 

 

・・・だれもおらんやないかーい!!!

 

 

 

 

 

はてさてうまくいくのかちんどん屋!?

 

本番をお楽しみに!!!

pagetop