音楽療法ブログmusic

ドラムサークルLIVE感動編

ブログを読んでいただいているみなさん。
タイムスリップのお時間です。

令和3年を迎え、世の中はもう新年の雰囲気も過ぎ去ろうとしています。
が、すこーしだけ。
すこーしだけね。時間を巻き戻しましょう。

 

紅白歌合戦?
クリスマス?

いやいやまだまだ。

きれいな紅葉の11月?

いやいや、さらに戻って10月末!

 

そう!いきいきフェスティバルです!

なぜ時間を巻き戻すのかって?

それは、まだいきフェスの様子を書ききれていないからー!

 

・・・え、もうええやんって?

だめです。いまだ消えない感動を、どうしてもお伝えしたいのです!
わたしのこの熱量に、どうかおつきあいください。
そこのあなた、準備はいいですか?

 

さあ、時を戻そう。

 

 

(どうしても戻らない方は、先に、11月26日にアップした「いきフェスドラムサークルLIVEも大成功!」をお読みください)

 

 

 

 

 

さてさて、「いきフェスドラムサークルLIVEも大成功!」編の続きです。
Hさんのピアノ演奏が素晴らしかった話ですね。

あ、ちなみにHさんは、前々回のブログに登場した、北〇さんのことが好きなHさんとは別の方です。

こちらがそのHさん。

 

 

 

では、Hさんのピアノの才能を知った、あの驚愕の瞬間を振り返ってみましょう・・・。

 

 

 

それはある日のサークル活動でのこと。

いつものようにワイワイ楽しく活動し、さて休憩にしましょうか~とみんなでコーヒーを飲んでいました。
休憩時間は、交流ホームの畳にぺたんと座り込み、コーヒーを飲みながらみんなでおしゃべりをします。
楽器を触りたい方は自由に鳴らしたり、ゴロンと横になったり、ひたすら踊っている方もいたりして(笑)

 

その日、Hさんは職員と一緒に、おしゃべりをしていました。
むこうの方では、ピアノ大好きTさんが、即興オリジナルソングとともに、一人でピアノリサイタルをされていました。
ふと振り返って、その様子を見たHさん。

 

「わたしもピアノ弾こうかな。弾いてもいい?」

 

Hさんがピアノを弾けるなんて思ってもみないわたしは、「弾く」というよりも、「触る」「鳴らす」といった感じだろうな~と思いながら(Hさんごめんなさい)、何の気なく「どうぞどうぞ~」と言い、またみなさんとおしゃべりを始めました。

 

 

 

しばらくすると、聞こえてきたのは聞きなれた曲。

 

・・・

 

 

 

これは・・・ 六甲おろし。
たどたどしく、時折つまりながらではあるけれど。

間違いなく六甲おろしだ。

 

 

 

ん?

 

どこから?
誰が?

 

 

 

 

音の発信源は・・・ ピアノだ!

 

弾いているのはHさん・・・

何度見てもHさん・・・

 

 

 

 

 

 

えーーーーー!!!

 

 

 

ピアノ弾けるんーーー\(◎o◎)/!?\(◎o◎)/!?\(◎o◎)/!?

 

 

 

 

 

 

 

一緒にいた職員と二人。言葉が出ない・・・。

Hさんのことは、ある程度知ってるつもり。
だって毎日一緒に作業したり、話したりするんですから。
音楽ずっと一緒にやってきたから、歌が好きなことも知ってる。

でも、「ピアノ弾いたことあるよ」とか「弾きたいな」なんて言われたことは、これまで一度もなかったのです!

でもいま、わたしの目の前で、右手5本の指を使って「六甲おろし」を(しかも前奏から!)弾いている・・・。

 

 

 

驚きすぎて言葉が出ないわたしたちをよそに、「弾けたー♪」と自らに拍手のHさん。

 

これが、誰も知らなかった、Hさんの素晴らしい才能を目の当たりにした瞬間でした。

 

 

 

これはぜったいに披露せねば!

と、その後、サークル活動のたびに練習を重ねました。
うまく弾けない日は、「できない!」とイライラを募らせたりもして・・・。
それでも、がんばってがんばって、練習されました。

そして迎えた、本番。

緊張するよね・・・初めてだもんね。間違えてイライラしたりしちゃうかもな・・・。

 

 

 

なんて心配は、無用でした。

落ち着いた表情で「六甲おろし」を弾き始められるHさん。

お・・・いい感じ。

テンポ・・・大丈夫。はやくなってない。
鍵盤をたたく指・・・も力んでない。
表情・・・落ち着いてる。

Hさんの様子に、わたしは素晴らしい演奏になることを確信しました。

 

ほぼノーミスで「六甲おろし」を弾ききったHさんは、そのままの調子で、「線路は続くよどこまでも」と「チューリップ」も弾ききり、3曲を完璧に演奏されたでした!(しかもチューリップは両手で、です!)

すごい!素晴らしい!

 

観客席からもれ聞こえる驚きの声に、わたしはニヤニヤがとまらない♪

チューリップが大好きなご利用者はピアノ演奏に合わせて歌い始められ、

別の方からは「Hさん上手やったでー!」と声援がとびます。

 

 

驚きと、感動と、高揚に満ち溢れた、素ん晴らしい時間でした。

 

 

 

 

ご利用者と音楽をしていると、こんなふうに奇跡の瞬間に立ち会えることがあるんです。
1000回に1回くらい。いや、もっと少ないかな。

でも、その瞬間は鳥肌がたつくらい感動的です。

そして、音楽をやっててよかった!と思う瞬間でもあります。

 

 

Hさん、感動をありがとう!

 

 

そしてみんなおつかれさま!!! サイコーだったぜ!!!

 

 

 

 

これでようやく、わたしのいきフェス2020が終わります。

おつかれさま、わたし。

pagetop