音楽療法ブログ music

しみずの巻

はじめまして!!
音楽療法委員会の清水です(^^)

私は今年の4月に初めて音楽療法委員会に入り、音楽療法に関わることになりました。
音楽は元々好きで、以前から音楽療法の時間に何回か参加していて、毎回ご利用者と共に、楽しい時間を過ごしていました♪

昨年11月にみつみ学苑に転勤になって半年がたち、

生活の場面でのご利用者の性格や特徴はわかって来たのですが、

4月から音楽療法の時間をご利用者と一緒に過ごすことで、
普段声をあまり出されない方が大きな声でフルコーラスで歌っておられた!!!

不穏状態が多く見られる方が、終始笑顔で身体を動かしておられた!!!

…と、普段の生活とは全然違うご利用者の姿をみることができ、『音楽』と『楽しい』ということは一緒なんやなぁと、改めて音楽の偉大さに感動しました☆ミ

音楽療法の時間は私にとって楽しい時間です♫
ご利用者にとっても、楽しい時間になるよう、取り組んでいきたいと思います\(^o^)/

 

 

 

相棒へのラブレター

新しい楽器がやってきました!
何度でも心躍る瞬間っ♪

 

以前にもご紹介したこの楽器、デスクベル。

これまで、「ドレミファソラシド」の8音しかなかったのですが・・・

 

ドド~ン!

もっと高い音や低い音があれば、出来ることが増えるよね!
ってことで、こんなに仲間が増えました!!

やりたいことも、もう考えてるんです~♪

 

 

こちらもニューフェイス!シンセサイザー!

待ってましたよ~KORGちゃん♪
音色や機能の豊富さが魅力。

 

 

ただ、豊富すぎて・・・

使いこなせる自信が・・・ない(笑)

 

 

これまで使っていた電子ピアノの後を継いで、音楽療法活動全般で活躍してくれる予定です。

 

今回引退するのが、平成26年にやってきた、この電子ピアノ。

CASIOちゃん。

約7年間、頑張ってくれました。

 

車に積むときにゴツンとぶつけても、テンションあがった利用者さんやわたしがバンバン叩きながら弾いても、文句も言わず、毎日、毎日、明るい音色を奏で続けてくれました。

暑い日も、寒い日も、雨の日も。
みつみ学苑での音楽活動も、みつみ以外での活動も。

どこへ行くにも一緒でした。

 

私の喜びや苦悩をすべて見てきた、唯一の存在かもしれません。

そして、私の手汗と、利用者さんとの数えきれない思い出がいっっっぱい詰まっています。

 

 

 

でも、ついに終わりの日がきたようで。

 

 

 

今年1月ごろから、時々、演奏中に音が途切れるようになりました。

 

 

最初は時々、でした。
ある日突然鳴らなくなった!なんてことはなくって、
「ほら、そろそろよ。次の準備しときなよ。」と教えてくれるかのように、時々。

 

優しいでしょ?

 

 

その回数がすこーしずつ多くなって。

 

 

跡継ぎのKORGちゃんが届くのを見届けるかのように、

 

 

4月の中ごろ、まったく、鳴らなくなりました。

 

 

 

 

 

 

電子ピアノなんて、ただの電子機器。

壊れたら終わり。当たり前です。

 

 

でも、毎日毎日触れていると、そうじゃないんだな。

愛着っていうんですかね。

 

 

 

 

いや、そんな言葉じゃ足りないな。

 

 

 

 

 

こんな笑顔を生み出してくれたのも、

 

 

こんな素敵な瞬間に出会えたのも、

 

 

あなたがいてくれたおかげ。

 

 

音楽でつながりたいという、私の思いを支え続けてくれた、大事な大事な「相棒」です。

 

 

心からの「ありがとう」を伝えて、ケースにしまいました。

 

 

すぐに処分する気にはなれず、倉庫に眠っています。

 

 

もうしばらく、そこで見守っててね。

 

 

KORGちゃんのハイテクさにギブアップして、修理したあなたに出戻りする可能性、

あるからさ。

徒然なるままに

いまだ終息のきざしがみえないコロナ。
音楽は、その影響を大きく受けています。
歌うな。集うな。ワイワイ禁止。

そんな時代がくるなんて、予想もしませんでした。

私自身、コンサートで歌う機会や、開催していた音楽イベントなどが、すべてなくなりました。
ちょっと休ませて~!って叫びたくなるくらい忙しかったのに、
なくなったらなくなったで、さみしいもんです。
人間勝手なもんです(笑)

 

コロナ禍において音楽は、不要不急に分類されます。
でも、本当にそうなのかなぁって思うんです。

 

たしかに、音楽は、「生命維持」には必要ありません。
災害時などの緊急事態になれば、音楽は一時的に姿を消します。
仕方ないと思います。

 

でも、かならず戻ってくるんです。

どこからともなく。

 

原始時代から、いまこの時まで、音楽はこの世から消え去ることなく、世界中に在り続けている。

 

それは、音楽が、人の生活に必要なものだから。

 

音楽だけじゃなく、芸術とか、エンタメとか、コロナ禍において不要不急といわれているものが、日々の生活を営む人々の心を、支えてたりする。

私はここで音楽をしていて、つくづくそれを感じています。

 

 

あるニュースで、飲食店の店主さんが「飲食店が悪者のように言われるのがつらい」と言われてました。

 

わかる・・・ とってもわかる・・・

 

 

音楽に携わる者として、声を大にして言いたい!

 

 

音楽は、コロナになんか負けねぇー!!!

 

 

 

ちなみに、みつみ学苑では、「参加人数を減らす」「楽器の使い回しをしない」「マスク着用(可能な方は)」等の感染対策をしながら、音楽活動を続けています!!

まつもとの巻

みなさん、はじめまして!
音楽療法委員会メンバーの松本です。

初めてブログ書かせてもらいます・・・
正直・・・
ドキドキしとります・・・。

いままで音楽とはまったく無縁で、こんな私がメンバー!?
と、はじめは驚きでした。

でも!!
でも!!
音楽療法の時間が大好きでした!!!

私は音楽の知識は、何もありません。
難しいことは、何もできないのですが、大事にしていることがあります。

それは「利用者さんと一緒に、おもいっきり楽しむこと」です。

「〇〇さん、こんなこと好きだろうなぁ」
「みんなでこんなんしたら楽しいだろうなぁ」
など、考えているときが楽しくて仕方ありません!!

そして一緒に楽しむためには、照れてなんていられません(笑)
時にはバックダンサーになり、そして時には一緒に仮装をしたり・・・。

音楽というものが持つパワーを実感しながら、その音楽を通して、私は利用者さんからたくさんパワーをいただいています。

これからも楽しいこと、おもしろいこと、たくさんやりますよ~。

乞うご期待ください!!!

音に耳を傾ける

今月のはみんぐ。
テーマは「梅雨」。

ですが、裏テーマがあります。

それが「音に耳を傾ける」。

 

人の声、車の音、雑音など、音は日常の中にあふれてますが、
「聞く」「耳に入る」ことはあっても、「耳を傾ける」ってのは、なかなかしないもんで。

 

なので今回は、梅雨の季節にちなんで、雨音、水の音、きれいな音に耳を傾けてみました。

 

こんな楽器たちを使ってみましたよ。

レインスティックという楽器で、素材はサボテン、本場はペルー。
60度で傾けると、雨音のような音色を奏でます。

60度・・・ なかなか難しい。

 

こちらはストルモック。

くるくるとまわすと、すごーく繊細な、水の音色を奏でてくれます。

「めっちゃ癒される~!」と、まさかの職員さんたちに大人気。
音色の魅力が伝わるって、とっても嬉しい♪
職員さんが楽しんでくれると、その雰囲気はご利用者のみなさんにも伝わるし、
さらに嬉しい♪

 

こちらは、HAPIドラム。
いくつか前のブログでご紹介したかなと。

 

 

音の聞こえ方、感じ方は人それぞれ。
レインスティックの音が雨音に聞こえなければいけない、とか、
ストルモックの音は水の音に聞こえてほしい、とか、
そんなのは全然なくて。

 

ただただ、
心地いい音を耳にしてほしい。
そんな音に包まれる心地よさを、体験してほしいな~と。

 

すぐに「わ、なんやこの音。水か?」と話される方もいれば、
目を閉じて、じーっと耳を傾けてくださる方もいらっしゃって反応はさまざま。

ちゃんと届いてるんだな~と、実感します。

 

そんな中、レインスティックの音色を、じっと聞きいておられたSさん。

聞き終えた後、こう言われました。

 

 

「むかし、海行った」

 

 

と。

 

 

Sさんには波音に聞こえたようで。
控えめで、決して言葉数の多い方ではないのですが、柔らかい表情で、そう話してくださいました。

 

詳しいことはわかりません。
だれと行ったの?どこの海?
根堀り葉堀り、聞きたいところでしたが、
大事なのは、あれこれ聞きだすことじゃなくて、
その方の心に、幸せな思い出が蘇ったこと。

 

あ~そうか。

「音に耳を傾ける」時間は、「思い出に心を傾ける」時間なんだな。

これぞ音楽療法の神髄。

 

「にぎやかに」「楽しく」だけが、はみんぐじゃない。

裏テーマ大成功だっ♪

今月のはみんぐ

6月。
テーマは「梅雨」。

カエル。

自分で飾っておいてなんですが・・・苦手です。

ぬいぐるみにするとなぜこんなにかわいいんでしょうか。

 

 

 

それはさておき。

この日は、「梅雨」をテーマに、いろんな話をしました。

 

音楽している時間よりも、ワイワイしゃべっている時間の方が長いこともしばしば(笑)

みなさん、いろんな話をしてくださるので、おもしろいんですよね~。

「雨降ったらな、お母ちゃんの機嫌が悪なんねん」
「なんでですか?」
「洗濯もん乾かへんから」とか。

 

「この花の名前知ってますか?」
「知らん。なんちゅうんや?」
「あじさい」
「白菜?」とか(笑)

 

この日もいろいろお話を。

 

「かたつむり、さわれます?」

「さわれるけど、あんまり好きやないな」

 

「てるてるぼうず、つくったことありますか?」「ないかな」
「じゃあ作ってみましょうか!」

なんて話から、実際にてるてるぼうず作りもしてみました。

目や鼻のパーツをみんなで役割り分担して、順番に書き書き。

 

そして完成した、てるてるぼうずがこちら!

 

 

・・・アンパンマン?

 

 

 

かわいいから、ま、いっか♪

激レア楽器大集合!

ドラムサークル「でこぼこ」活動日。
「やったことない楽器に触れ合おう」がテーマのこの日。

 

(たぶん)まだ演奏してもらったことない楽器を、集めてみました。

 

年中、みなさんと音楽をしてるので、触ってもらったことのない楽器なんてもうないんじゃ?

 

 

ところがどっこい。

 

 

まだまだあるんだな~。
楽器とネタの引き出しの多さは、音楽療法士の要なのです。

きっとご存じない、珍しい楽器が続々登場しますよ♪

 

 

さて、まずはこれ。

カホン!

座っていい楽器なんてレアでしょ~。激レア。
もうそれだけで楽しい♪

前面を手の平でたたく、リズム楽器です。

 

後ろに穴があいてるもんで。


手とか入れたくなるんですよね~。

 

 

お次はこれ。カリンバ!

銀色の棒を、真ん中から順に親指ではじいていくと、ドレミファソラシド♪と、音階を奏でることができる、アフリカの楽器。

別名「ハンドオルゴール」というように、小さなかわいらしい音がします。

 

 

 

これも珍しいですよ~!HAPI(ハピ)ドラム!

「HAPI」とは、ハーモニーなんちゃらかんちゃらの略だそうです。

 

まったく覚えられない(笑)

 

どこへいっても「なにこれ~!?」という反応100%のHAPIドラム。
どこをどう叩いてもきれ~な和音になるという、なんとも不思議な子。
「音色に包まれる」という感覚を得られる、癒し系です。

 

 

 

これは、オートハープ。

 

本物のハープはおそろしく高く、果てしなく大きいので、買えません。
きっと一生買えません。

が、このオートハープならそこそこのお値段と、そのそこの大きさ。
それでハープを演奏した気分になれるんだから、いや~ありがたい。

 

白いボタンを押しながら、ジャラララ~ンと弦を弾くと、素敵なハープの音色が♪

 

この楽器で演奏する、わたしのおススメの曲は「♪せきすぅ~いハウス~」です。

 

 

 

 

そして最後は、この日一番人気のこれ!

 

 

やっぱりギターって憧れますよね~❤

 

見たことあるし、珍しくもないけど、実際に弾いたことはないって方がほとんどで、
目にした瞬間、も~みなさん目がキラッキラ!

 

いや~嬉しい♪

 

伝説のギタリスト、現る!ってくらい、みなさんなりきってますね~!

 

 

 

新しいものに触れるドキドキ。ワクワク。

 

いくつになってもそういう気持ち、持ってたいな~と思った、

微妙なお年頃の、わたし。

今月のはみんぐ「フィンガーシンバル」

4月!
新年度!
音楽療法はさっそく始まってますよ~!

 

今月のはみんぐは、こんな楽器を使ってみました。

「フィンガーシンバル」といいます。

シンバルと聞くと、あの大きな音がするやつを思い浮かべますが、
これは、指にはめて鳴らす、手のひらサイズのシンバルなんです。

 

 

ほら、昔あった、さるのおもちゃ覚えてません?!

さるが両手にシンバル持って、カチャカチャ打ち鳴らすやつ!

 

真似をすると、だいたいの方が「あ~あれね!」と言ってくださるやつです。
(最近の子でも伝わる・・・?)

 

ベリーダンスとか、オーケストラでも使われる楽器。
おさるさんのように鳴らすのもありですが、
ブラーンと垂らした状態で優しく打ち鳴らすと、とってもきれいな音も奏でてくれます。

ほんとはシンバルについている黒い部分に指を1本入れて持つんですが、
これが、なんともしにくい...。

てことで、カラフルな毛糸をつけました。
これだとブラーンとしやすい♪

 

 

 

はみんぐは、「異なる日中活動グループの交流」が大きな目的のひとつなので、
今回は、2枚のシンバルを一枚ずつ持って、二人で鳴らそうよ♪ってことにしました。

 

 

それぞれのグループから、代表さんを一名選出。
「だれがいく?」なんて相談しながら♪

 

 

選ばれて、前に出てきてくださったみなさん。

 

 

一生懸命手をのばしてみたものの、お相手がこっちを見てくれず、戸惑ったり(笑)

 

楽器よりお相手の顔を見つめちゃうもんだから、
まったくシンバルが触れ合わなかったり(笑)

 

そうそう、こういう思いもしないことが起こるから、楽しいのだ。

 

なんともいえない、ほのぼのとした空気に包まれた、ある日のはみんぐでした♪

極秘計画の全貌が明らかに・・・!

極秘計画の真相はこれ!

そう!ベレー帽です!

作ったんです~。
しかもこんなにたっっっくさん!

色とりどり~。
カラフル~。
かわいいでしょ♪

 

そして、ブログにまだ登場していない方のサークルとは、コーラスサークル「こんぺいとう」のこと!
名前はご紹介しましたが、どんな活動をしているのかなどは、まだお知らせできていなかったはず。

なので、今回はコーラスサークル「こんぺいとう」のご紹介と、極秘計画の公開です!!

 

 

 

コーラスサークルは、その名のとおり、歌うことが大好きなご利用者が集まった、歌うサークルです。

 

歌は、身体が楽器。
なので、歌う前の準備運動として、まずはストレッチ。

 

それから、息を流すためにやるのが、これ。
吹きごまといいます。

 

フーッと吹くとまわるので、風車みたいなもんです。
どこへいっても大人気の、うらやましいヤツです。

 

歌は、「365歩のマーチ」からスタートし、童謡、唱歌、歌謡曲に演歌、昔に聴いたCMソングなど、ジャンル問わず、なんでも歌っちゃいます。

 

 

私自身も歌うことが大好きで、声楽を勉強しに、大学に入りました。
でも、そんな私より、絶対ここのみなさんの方が、歌、好きやん!って思います。

 

歌を歌うって、「間違えずに」とか、「上手に」とか、ついついそんなことに、とらわれがちになりますよね~。
私はいつもそうです。

 

でも、

あ~違うなって。

そうじゃないなって。

気付かされるんです。

 

間違えると恥ずかしい、なんて言葉、わたしの辞書にはありません。
といわんばかりに、自信たっぷりに歌われる方。
逆に、ちいさ~な声で、控えめ~に、だけど、確実に歌われる方。

高揚した表情や、真剣なまなざし。
身体を左右に揺らしてリズムをとる仕草。

歌い終わると「上手やろ」と、アピールされる方。
これ、1曲ごとに、です(笑)

マイクを向けたときだけ、急に歌われる方も。・・・器用だな(笑)

 

 

 

歌うって、ただそれだけで、素晴らしい。

.

と思える時間です。

 

 

 

 

そしてそして、極秘計画とは・・・

 

 

なんと!

 

 

コーラスサークル「こんぺいとう」の、初めてのコンサート開催が、決定しました~!!!

パチパチパチ~!!!

 

 

冒頭にご紹介したベレー帽は、そのコンサートの衣装なのです♪
コーラス隊っぽいものといえば、やっぱりベレー帽?ってな安易な考えです(笑)

サークル名のこんぺいとうにちなんで、色とりどりにしてみましたよ。
予想以上のかわいさに、わたくし大大大満足♪

もちろん、こんぺいとうのみなさんも、喜んでくれましたよ~!

 

不思議なもんで、衣装を身に着けるだけで、テンションあがるあがる↑↑↑

練習にも、一気に活気がみなぎります!

 

 

プログラムを作って、招待状を配って、練習して・・・

やらなきゃいけないこと、いっぱいです!!

がんばりますよ~!!!

極秘計画進行中・・・

 

なんやと思います、これ?

むふふ・・・

 

3月に、ある企画をしていて、そこで使う予定なんです。

 

ヒントは、まだブログに登場していない方のサークル・・・♪♪♪

pagetop