音楽療法ブログmusic

今月のはみんぐ「音楽は季節とともに」

秋です。

紅葉が色づくいい季節。

 

 

ってことで、今月のはみんぐはこんな飾り付けにしてみました。

 

もみじ~。いちょう~。

 

 

 

こんなご時世なこともあり、なかなか出掛けられないみなさん。
でも、季節の移り変わりは感じてほしい。

 

そんな思いを込めて、もみじやいちょうの葉っぱを散らすと、「わ~!」と歓声をあげたり、じーっと眺めたり、手を伸ばしてくださいます。

 

 

 

 

 

音楽の力を最大限生かすためには、視覚からの情報もとっても重要。

 

 

 

 

 

頭上から降ってくるイチョウの葉っぱや、間近で見る紅葉。

手に取って触ってみた、柿や栗。

いろんな表情や会話が生まれます。

 

 

 

 

そりゃあ本物が一番なんですが、傷んだり枯れたりしちゃうので、これらは全部作り物。

100均で仕入れてくるんですが、いや~ほんとありがたい時代です。
まつぼっくりなんて手元で見ても、これ絶対本物やろ?!と思ってしまうくらいの精工さ。

 

 

音楽療法士の味方、100均バンザイ。

 

 

 

秋の雰囲気が漂うだけで、ストレッチや演奏などのいつもの活動が、少しだけ違って感じられるのが好きです。

 

 

ストレッチも、いつもよりよく伸びてる気が・・・!?

 

 

そんでもって、もちろんこの曲「もみじ」、歌いますよね~。

 

 

 

 

この曲を聞くと、わたしはいつも、日本語ってなんて美しいんだろうと思います。

 

 

あ、ここで知ったかをひとつ。

美しい言葉で描かれたこの歌詞の景色は、信越本線「熊の平駅」の車窓からの眺めだったと言われています。
停車時間の長い駅だったため、ゆっくり景色を眺めることが出来たから、この歌詞が生まれたとか。

 

今はもうない駅だそうですが、出来るものならこの歌詞と同じ状況、同じ角度から、この景色を見てみたい!

と思ったりします。

 

 

 

 

この日は、はみんぐ終了後、みなさんが片付けを手伝ってっくださいました~。

 

 

散らしたはいいものの、片付け・・・実は・・・大変だったんですよね・・・。
みなさん、ありがとうございます!

 

 

 

今年はもみじの色づきが今ひとつだそうですね。

本物よりきれいかも100均もみじ。

100均バンザイ。

pagetop